舌苔の取り方知ってますか?

舌苔 取り方 歯ブラシ

 

舌苔(舌苔)と呼ばれる舌にびっしりコケ状に付いた汚れ…。舌に汚れが付着し、細菌が繁殖する事によって舌が白くなるのは見た目にも良くありません。

 

見た目以上に厄介なのが口内炎やウィルスなどに感染しやすくなる原因としても挙げられますし、最も多いのが酷い口臭の原因になりえるというものです。

 

口臭はなかなか自分で気づく事は出来ず、他人から指摘される事によって気づくという場合がほとんどです。

 

舌が舌苔によって汚れれば汚れる程、口臭はきつくなるばかり、会話をする時、人に迷惑をかける可能性もありますので要注意なんです。

 

ただ、この舌苔の正しい取り方について知っている人が、実はあまり多くないのも事実。こちらでは正しい舌苔の取り方についてお伝えしていきたいと思います。

 

舌苔を取るには舌磨きが重要

舌苔 取り方 歯ブラシ

 

それではこれから正しい舌苔の取り方についてお話ししようと思います、正しい舌苔の取り方、それは舌磨きを正しい方法で行う事なんです。

 

ただ『舌磨きって口臭を悪化させるって聞いたことがある』という方はいませんか?確かにそういった声は少なからずあります。

 

ただし、それは間違った舌の磨き方をすれば口臭を悪化させるといった方が正しいでしょう。

実際、舌磨きは口臭は勿論、口内炎やインフルエンザの発症リスクを軽減できるという研究データが出ているのだそうです。

口臭以外にも様々なトラブルリスクを抑える事が出来るのであれば是が非でも舌苔を除去すべく正しい舌磨きのやり方について知りたいところです。

 

舌磨きでは歯ブラシは使わない方が良い

舌苔 取り方 歯ブラシ

 

正しい舌磨きの方法について説明する前に歯磨きの流れで舌をみがいたりしていませんか?

 

よくありがちなのが舌苔を取り除く為に歯ブラシを使用する事です。まず歯ブラシではなく、舌専用ブラシを使用する様にしましょう。

 

歯ブラシ同様に薬局・ドラッグストアで舌専用のブラシを購入する事が出来ます。

 

「舌ブラシも歯ブラシも同じブラシじゃないの?」と疑問に思われるかもしれませんが、

 

舌ブラシは歯ブラシよりも毛先が細かいこと
一般的な歯ブラシよりもブラシ部分の素材が柔らかい

 

ので余計な刺激を与えずに舌磨きが出来るんです。舌は非常にデリケートな部分である為、強い負荷がかかるとすぐに傷ついてしまいます。

 

舌に傷がつくと、更に汚れが溜まりやすくなり、かえって舌苔が増えてしまう可能性があります。

 

ですから舌ケアには過度な力が入りやすい歯ブラシではなく舌ブラシ若しくは舌ブラシと言ってもベラやスポンジといったタイプもありますので、舌専用のケア用品を使用する様にしましょう。

 

正しい舌磨きの方法

@舌の汚れを確認

舌苔 取り方

舌を出して、鏡で汚れを確認しましょう。

 

・舌の色が全体的に白く濁っている
・舌の色が全体的に黒く濁っている
・爪で舌をなぞってみると汚れが固まっている

 

場合は早急に舌磨きが必要です。

 

しかし、汚れが付いていないのにも関わらず磨く必要はないので毎日チェックをしましょう。

 

A舌の奥にブラシを当て優しく手前に動かす

舌苔 取り方

また、歯磨き粉は使用せず、舌磨き専用のジェルかもしくは舌磨きにも対応した洗浄剤を使用する様にしましょう。

 

奥から手前にやさしくブラシを動かしましょう。ゴシゴシとブラシを行ったり来たりさせるのではなく、奥から手前の方向に動かして舌の汚れを除去します。

 

1回のケアにつき3〜10回手前に引くだけで充分です。

 

注意すべき点をまとめ

  • 歯磨きのついでに歯ブラシで磨かない
  • 合成界面活性剤やアルコールなど配合の歯磨き粉は使用しない
  • ゴシゴシ磨きは絶対にしてはNG
  • 奥から手前にブラシを動かす回数は3〜10回程度
  • 使用後の舌ブラシはキレイに洗って乾燥させる

嘔吐反射に気を付けよう

もう1点気を付けるべきポイントとして嘔吐反射にも気を付けましょう。嘔吐反射とは喉の奥に異物が入りそうになった時にえづいてしまったことは誰しもがあると思いますが正常な反応です。

 

大きく口を開けながら舌磨きをする際に起きやすいので、なるべく口を小さめに開けることが大切。また、なるべく舌を外へ出す事によって、舌ブラシを奥に入れなくても舌の奥まで磨くことが可能です。

 

舌磨きをするタイミングはいつ?

舌苔 取り方 歯ブラシ

 

舌磨きをするタイミングなのですが朝起きた時がすべきタイミングです!

 

何故なら、舌苔は食事や会話時に分泌される唾液によって少なからずキレイになります。ですから、睡眠時の様に著しく唾液の分泌が減少し、お口の中の細菌が一番増えている時にすべきなんです。

 

お口の中で増えた細菌を朝起きて朝食と一緒に飲み込んでしまわない様に朝食前に行うのがベストタイミングと言えるでしょう。

 

回数は1日1回

これも気を付けて欲しいポイントなのですが、回数は1日1回に留めて下さい。

 

口臭が気になるからといって、何度も舌磨きをしてはいけません。1日に何度も舌磨きをしてしまうと、これもデリケートな舌への負担が大きく、舌が傷付いて舌苔が増えて口臭の原因になるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

舌苔 取り方

関連ページ

■舌磨きジェルランキング!【市販から通販まで優れモノ10選】■
舌を磨くなら使って欲しいのが舌磨きジェル。そんな舌磨きジェルをランキングで掲載。市販から通販限定のものまで10個集めました。

 

>>舌磨きジェルランキングはこちら!

 

>> BITAN(ビタン)の美舌効果を口コミ【45日間使ってみた】  TOP